熱帯卵生メダカ|熱帯魚飼育コラム
熱帯魚

熱帯卵生メダカ|熱帯魚飼育コラム

熱帯魚の飼育を楽しむために

熱帯卵生メダカ

熱帯卵生メダカとはキプリノドン目、すなわち、かつてメダカが属していたグループのうち、卵生の種類に対して使われる呼び名です。

わざわざ卵生と強調するのは、このグループには卵を産む卵生魚の他、親魚の体内で卵が孵り稚魚を産む卵胎生魚と、胎盤を持った親魚が稚魚とへその緒でつながっている胎生魚がいるからです。

熱帯卵生メダカの多くは6センチ前後のたいへん美しい姿をしていて、赤、黄、緑、青、紫、のビビッドカラーや、パステルカラー、そしてメタリックカラーと、ありとあらゆる色彩を身にまとい、古くから世界中のファンを魅了してやみません。

熱帯卵生メダカはとても寿命が短いため、繁殖を前提として飼育される熱帯魚たちです。

そのため、通常は雌雄のペアで販売され、雌雄のどちらかだけだと極端に商業的価値の下がってしまう種類と言えます。

熱帯メダカについて

熱帯メダカについて

熱帯魚の飼育を楽しむために

熱帯魚飼育コラム